Petzl  ASAP LOCK(ペツル アサップロック)のおすすめの組合わせツールと注意点

Petzl ASAP LOCK(ペツル アサップロック)のおすすめの組合わせツールと注意点

Fオンラインストア管理者のKENです。

今回はPetzl  ASAP LOCK(ペツル アサップロック)を正しく使用する為に必要な組合わせをご紹介していきます。

Petzl  ASAP LOCK(ペツル アサップロック)について

「アサップロック ASAP LOCK」はバックアップディバイスの中で作業性・安全性共に非常に優秀なディバイスです。しかし、この道具で安全性を確保するためには、ペツルが指定するショックアブソーバーと組み合わせで使用することが絶対条件となります。加えてハーネスのD環と接続するためのカラビナ等のコネクターも必要となります。

ペツル アサップロックのオススメの組合わせ

①「アサップロック」+「アサップソーバー40cm」+「エーエムディ(Am'D)トラアクトロック 」or「 オーケー(OK)トライアクトロック」

※作業者1人で使用する事のみ想定

この組合わせは最も一般的な組合わせです。ショックアブソーバーが40cmある事から、作業者がバックアップロープに引っ張られる様な感覚もあまりなく快適に作業が実施出来ます。

ペツル アサップ ロック組合せ3点セット

 

②「アサップロック」+「アサップソーバー20cm」+「エーエムディ(Am'D)トラアクトロック 」or「 オーケー(OK)トライアクトロック」

※作業者1人で使用する事のみ想定

「アサップソーバー20cm」は「アサップソーバー40cm」や「アサップソーバーアクセス」と比較しショックアブソーバーが短い事から墜落距離を低減する事が出来ます。地面に近い位置での作業時などで墜落距離を低減させたい場合は有用な組合わせとなります。

 

③「アサップロック」+「アサップソーバーアクセス」+「エーエムディ(Am'D)トラアクトロック 」or「 オーケー(OK)トライアクトロック」

  ※レスキューで2人分の重量で使用する事を想定

この組み合わせはレスキューを迅速に行う場合に有用な組み合わせとなります。墜落時により大きな衝撃を吸収する事が出来るため、救助者と要救助者の2名分の体重でも使用可能な組合わせとなります。

④「アサップロック」+「アサップソーバー40cm or 20cm」 +「スイベルオープン」

この組み合わせはハーネスから「アサップロック」を外す頻度が少ない作業者にお薦めの組み合わせです。
ハーネスとの接続に「スイベルオープン」を使用する事で、作業中に発生するショックアブソーバーの捻れを解消する事が出来ます。加えて「スイベルオープン」は六角レンチでロックを行う為、コネクターの取付けミスやゲートの損傷などが発生しづらい組合わせとなります。

組み合わせについての共通情報

「アサップソーバー」各商品を購入するとコネクター用アクセサリーの「ストリング」が2個付いてきます。
※別売りを購入する必要はありません。

「アサップソーバー」と接続するコネクターの向きを固定するために「ストリング」もしくは「キャプティブ」などのコネクター用アクセサリーが必要となります。
※「キャプティブ」は別売りとなります。

「アサップロック」と「アサップソーバー」との接続についても「ストリング」が必要です。
「ストリング」はゴム素材の為、「キャプティブ」と比較し劣化が早いです。もしご使用中に「ストリング」が切れてしまった場合などはそのまま使用せず、交換用の「ストリング」や「キャプティブ」を購入し、正しく取付けてからアサップロックの使用を再開して下さい。

以上、「ペツル アサップロック」の組合わせに関するご紹介でした。参考にして頂ければと思います。