アストロ ボッド ファスト 国際バージョン
アストロ ボッド ファスト 国際バージョン
アストロ ボッド ファスト 国際バージョン
アストロ ボッド ファスト 国際バージョン
アストロ ボッド ファスト 国際バージョン
アストロ ボッド ファスト 国際バージョン
アストロ ボッド ファスト 国際バージョン

Petzl

アストロ ボッド ファスト 国際バージョン

セール価格¥55,344 (税込)

墜落制止用器具適合商品

販売説明必要商品

製品番号:C083BA
サイズ :0、1、2

最大使用荷重:140kg(ユーザーの器具を含め150kg)まで

適合規格/認証:墜落制止用器具、ANSI Z359.11, NFPA 1983 classe III, CSA Z259.10, CE EN 361, CE EN 358, CE EN 813, CE EN 12841 type B

サイズ:0 (160 – 180 cm)
数量:
在庫あり

本製品はご購入に併せ、「販売時説明」が必要な商品に該当します。
ご注文手続き完了後、発送までの間に当社スタッフから商品の説明をさせて頂く必要があります。説明を受けて頂けない場合、当該商品のご注文はキャンセルとなり発送されませんのでご注意下さい。


【販売時説明について】
-- アルテリア プロフェッショナル製品販売制度 --
「製品を正しい知識と共に普及させる」ことを目的とした本制度では、取扱販売店及びセールスレップより主要なプロフェッショナル製品をご購入いただく際、ユーザーの皆様が製品の用途を正しく理解した上で適切な製品を購入していただけるよう、製品の基礎的な説明を「販売時説明」を行うことのできる「有資格スタッフ」から受けていただくことをお願いしております。

PETZL 墜落制止用器具適合商品

※ 国内の「墜落制止用器具の規格」(フルハーネス)に適合しております。

快適性の高いロープアクセス用ハーネス

  • ゲート付腹部アタッチメントポイントは開けることができ、器具の取り付けに最適です
    • コネクターを使用せずに、ランヤード『プログレス』を直接取り付け可能
    • 作業用シート『ポディウム』を専用のアタッチメントポイントに取り付けられるため、下降器に直接荷重をかけることができ、また腹部アタッチメントポイントをフリーの状態にすることができます
  • 快適性の高いデザイン
    • 幅が広いセミリジッド構造のウエストベルトとレッグループはサポート性に優れています。通気性の高いフォームパッドを使用し、吊り下がった状態での高い快適性を実現しています
    • フォームパッド付ショルダーストラップは、左右の間隔を大きくすることにより首とのこすれを軽減ウエストベルトに荷重がかかった際に、荷重を肩に分散する働きをします
    • 金属製の側部アタッチメントポイントは、用具の連結がしやすく、使用しない時の不意のひっかかりを防ぐため、後ろ向きに倒すことが可能です
  • 簡単な調節
    • ウエストベルト、ショルダーストラップおよびレッグループにはセルフロック式のダブルバックバックルが付いているため、素早く簡単に調節できます
    • レッグループおよびショルダーストラップにはファスト バックルが付いているため、グローブを着用した状態でも素早く簡単に開け閉めができ、一度調節すれば再度調節する必要がありません
    • ウエストベルトとレッグループをつなぐハーネス後部のストラップに、セルフロック式のダブルバックバックルを備えているため、背部アタッチメントポイントを使用する際の調節が可能です。背部アタッチメントポイントで確保をとっていて墜落した場合、予めストラップを短く調節しておくことにより、ユーザーの体重がよりレッグループに分散されるため、吊り下がった時により快適な状態でレスキューを待つことができます
  • ギアの整理、携行がしやすい構造
    • 保護カバーが付いた6つのギアループ(サイズ0は5つ)
    • 『キャリツール』 取付用スロット×2
    • 『ツールバッグ』取付用スロット×2
  • 国際規格に適合したバージョンには、フォールインジケータがあります。墜落を止めた後に、ハーネスが以後使用できないということを表す赤いストラップが背部アタッチメント部分に現れます
サイズ 0 1 2
ウエストベルト 65 – 80 cm 70 – 93 cm 83 – 120 cm
レッグループ 44 – 59 cm 47 – 62 cm 50 – 65 cm
身長 160 – 180 cm 165 – 185 cm 175 – 200 cm
重量 2480 g 2530 g 2620 g

 

※商品等の詳細等についてはペツル社の日本総輸入販売元の株式会社アルテリアのホームページをご確認下さい。